ワキ汗を根本解決

汗をかかない方法って

女性

ワキの多汗症でお悩みのみなさま、どんな対策をしていますでしょうか。制汗剤と名のつく市販品は、その名に反して、汗をおさえてくれるわけではありません。ワキ汗が服ににじまないようにする使い捨てパットを使い続けるのも、安くないものなのでストレスが溜まります。もういっそのこと、と手術をお考えの方も多いでしょう。でも手術もいろんな方法があるし、いろんな病院がありすぎてどこがいいのか何がいいのかわからない…とお悩みの方もたくさんいらっしゃるかと思います。多汗症の手術は整形外科などで行われています。病院によって施術方法は異なります。まず、根本的に汗をかかないためには、皮膚の下にある汗腺を除去する手術を行います。この汗腺は、少しでも残ると再生してしまうため、再発する恐れがあります。汗の量が多い方は、汗腺を確実に残らないように除去してもらえるような施術方法を選ぶようにする必要があります。また、大きな病院でもこういった手術は行われていますが、安くても施術経験の多い整形外科は十分信頼できます。

手術の種類

では具体的に整形外科では多汗症のためにどんな手術が行なわれているのか、見ていきましょうまず勧められるのが剪除法です。この施術を受ける場合は、医師から多汗症あると診断されれば、保険が適用され、3万程度で施術可能です。整形外科でももちろん可能です。ワキの下を大きく切開して、目で見ながら汗腺を確実に取り除きます。再発がかなり少ない施術です。ただ、切開により、1〜2週間の長めの入院が必要となります。整形外科では、傷跡を最小限にするための施術として、レーザーを脇の下に挿入して汗腺を破壊する方法、レーザーで破壊した汗腺をさらに吸い出す方法を行っている病院もあります。この施術は切開しないため、入院や絶対安静の期間が比較的短期で済みます。全く切らない施術として注目されているのがミラドライという方法です。麻酔のみ必要で、切らずに超音波で汗腺を破壊します。以上の施術は、目視で汗腺を取り除かないため、再発のリスクがあります。確実に悩みから開放されたい場合は剪除法をオススメしますが、会社や学校を休めない方は、傷跡が少ない施術も視野にいれてお考えください。