完治させたいという場合は

似ているようでも違う症状

女性

暑い時や激しい運動をした時、他にも緊張した時などに汗をかくというのは誰にでも起こる自然な反応です。ですが、世の中にはそういった状況でもないのにも関わらず多量の汗をかいてしまう人がいます。こういった症状の人は一般的に多汗症と呼ばれています。必要以上に汗をかいてしまい、書類などが破けてしまうという場合にも多汗症である可能性があります。しばしば同一視される事がある症状としてワキガがあります。どちらも同じように汗に問題はあるのですが、この二つは全く異なる病気です。多汗症はエクリン腺と呼ばれる体温調節に使われる汗腺から水のような汗が出るのに対し、ワキガはアポクリン腺と呼ばれる汗腺からネバネバした汗が出るという特徴があります。アポクリン腺は体の特定の部位にしかありませんが、エクリン腺は体全体にあります。多汗症は多量の汗をかきますが、ワキガとは違って不快な臭いがするといった症状は見られません。手のひらや足の裏などに多量の汗をかく場合は多汗症であると考えられます。

体質だとあきらめずに

自分は汗っかきの体質だからとあきらめている人もいますが、人よりも多量の汗をかく多汗症は美容整形外科で治療することが可能となっています。美容整形外科というと名前の通り美容目的の整形を行っている場所だと思われがちですが、それ以外にも様々な施術を行っています。多汗症の治療もその一つです。美容整形外科で行われている多汗症の治療方法は様々であり、治療方法によってメリットやデメリットが存在しています。塩化アルミニウム外用は塩化アルミニウムの水溶液を塗ることで発汗を抑える方法であり、もっとも簡単に行える治療法です。症状が軽い人にしか効果はありませんが、手軽に行えるとして一般的な治療法となっています。塩化アルミニウム外用が効果が無かった場合には、シワ除去などにも使われるボツリヌス注射を行なうこともあります。また、それ以外にもより効果が高いものの副作用もある副交感神経除去手術や、それよりもリスクの少ない神経ブロック療法などがあります。医師とよく相談をして、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。